NEW  今月号は「医師の地域偏在を是正するー改正医療法・医師法の成立を受けてー」を特集しています。これまでの医学部定員増等の取り組みにより、日本における医師の総数は戦後一貫して増加してきましたが、地域間や診療科間の医師の偏在は今なお解消に至っていません。厚生労働省は、患者の医療アクセスの向上、医師の勤務負担の軽減等の観点から、これまで以上に実効性のある医師偏在対策が早急に求められている状況を踏まえ、都道府県の医師確保対策の実施体制の整備等を目的とした改正法案を第196回通常国会に提出し、本年7月に成立しました。今月号では、この改正法を中心に医師の地域偏在是正に向けた様々な課題提起、解決策、現地での取り組みについて解説していきます。

 

→月刊「地方議会人」ご購読のお申し込みはこちら

12月号特集:医師の地域偏在を是正するー改正医療法・医師法の成立を受けてー

巻頭言 小谷和彦(自治医科大学地域医療学センター地域医療学部門 教授)

医師の地域偏在の緩和に向けて

①特集

医療法及び医師法の一部を改正する法律案の概要

厚生労働省 医政局地域医療計画課

医師不足の現状とこれからの対策〜特に医師偏在に注目して〜

中澤勇一(信州大学医学部地域医療推進学教室 准教授)

医師の「診療科」ごとの偏在是正

上 昌広(特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長)

②現地報告

長崎県離島全域

長崎の医療を守るー長崎で活躍する医師を増やすー

髙山隼人(ながさき地域医療人材支援センター センター長)

島根県出雲市

若手医師の県内定着促進とキャリア形成を支援する 島根県の若手医師の育成拠点「みらい棟」-島根県と島根大学の蜜月連携-

鬼形和道(島根大学医学部附属病院卒後臨床研修センター長 しまね地域医療支援センター専任医師医学部 臨床実習委員長)

岩手県

岩手県の県民みんなで支える地域医療推進運動について

野原 勝(岩手県保健福祉部 技監兼副部長兼医療政策室長)

③時流観望

「移民法」で対立も今国会成立へ="欠陥閣僚"でも混乱、改憲論議進まず=

泉 宏(政治ジャーナリスト)

④連載

教養講座 第2弾「議会からの条例入門」

吉田 利宏(議会事務局実務研究会 議会アドバイザー)

連載第5 ー政策条例を見る視点①ー

議会紹介・連載

田口 一博(新潟県立大学准教授)

議会における政策づくり(3)

議会の機能強化及び議員のなり手確保に関する特別決議に各議会で取り組む

議員研修講座「議会と予算決算」

新川 達郎(同志社大学大学院 総合政策科学研究科 教授) 

連載第7回 「予算議決に関する議会権限の範囲」

⑤市町村議会広報クリニック

芳野政明(エディター・広報アナリスト)

みやしろ議会だより(埼玉県宮代町議会)

さがみはら市議会だより「WITHYOU」(神奈川県相模原市議会)

⑥わがまち自慢

三重県津市

山形県庄内町

⑦連載・地方議員のための健康と暮らし

第6回 糖尿病について

→月刊「地方議会人」ご購読のお申し込みはこちら