市町村議員向け専門研修誌出版社 株式会社中央文化社のホームページへようこそ

Web版 教養講座「議会基本条例を議会に活かす・住民に活かす」 第12回

  • HOME »
  • Web版 教養講座「議会基本条例を議会に活かす・住民に活かす」 第12回

ー信頼できる議会を目指して② 住民とともに歩む議会

 ⑴ 独り占め」を求める人

 私はダメ公務員でした。いまさら、なぜ、そんな告白をするかというと…。そんな仕事のできない私から見ても、仕事上の評価がパッとしない人はいるもので、そうした人はいくつかの特徴を持っていたように思います(もちろん、人間として魅力や評価は別です)。

 私より上の世代で多いのが「情報の独り占め」です。こうした人は、自分だけが情報を手にして、有利に仕事をすすめようとします。こうした人にとってのアドバンスは判断力でも、行動力でも、調整力でもなく、情報力のみであり、総合的な実力が養われず、ポストが上がれば上がるほど、情報を囲い込んで地位を確保しようとします。自分より上位の人にはその大事な情報を伝えてアピールし、自分よりポストが下の人には「俺は聞いてないぞ」というセリフで情報の提供を強要します。でも、情報の本来的な使い方には大きな関心を払いません。

 その昔、行政が国民(住民)や民間企業に有しているアドバンスは行政が蓄積する情報でした。しかし、それもオープンガバメントなどの動きのなかで過去のものになりつつあります。ただ、議員のなかには、まだまだ「俺は聞いてないぞ」タイプが存在するようです。

 住民より先になぜ我々に知らせないのか」、「なぜ、住民への情報と大差がないのか」。今日もどこかで、根回しに出掛けた職員が議員にこう叱責されていることでしょう。叱られないためには「議員にだけは先にお伝えしておこうと思いまして」と冒頭に述べるとか、「議員用説明資料」と表紙に目立つように書く周到さが求められます。しかし、こうした議員に期待できるものは少ないように感じています。

⑵   住民との情報の共有」の意味

 先月号では、議員どうしで同じ情報をベースにすることが議会としての意思決定に向けて大切だといいましたが、私は住民も含めて基本的な情報は同じであっていいと考えています。そもそも、議員の議論の対象は同僚議員ばかりではありません。当然、住民だってその対象です。住民も、議会の情報を踏まえて、議会にはない情報を提供してくれるかもしれません。必要な情報は「一人で抱え込む」のではなく「議会で共有する」のが重要で、さらに「議会だけで共有する」ではなく「住民と共有する」のが、議会基本条例の定める「住民との情報の共有」の意味です。

 議員は特別な情報や資料を持っているから判断できるのではありません。プロとして情報の意味を知っているからこそ、それを踏まえた判断の選択肢を住民に示すことができるのです。そうしたプロの判断をした結果、ときには住民の声と異なる判断を議会がするかもしれません。そんなとき、もし、議会と住民との間でベースとなる情報が異なっていたらどうでしょう。

詳細は地方議会人4月号で解説していきます。

→地方議会人4月号の詳細はコチラをクリック願います

Web版教養講座「議会基本条例を議会に活かす・住民に活かす」バックナンバー

連載第1回 議会基本条例をめぐる状況①
連載第2回 議会基本条例をめぐる状況②
連載第3回 住民とつながる①
連載第4回 住民とつながる②
連載第5回 議決責任など
連載第6回 一問一答方式の導入と反問権
連載第7回 行政監視から政策提案へ①
連載第8回 行政監視から政策提案へ②- 政務活動費を生かす
連載第9回   行政監視から政策提案へ③ 政務活動費を生かす2
連載第10回 行政監視から政策提案へ④
連載第11回 信頼できる議会を目指して①  議事機関としての議会
連載第12回 信頼できる議会を目指して②  住民とともに歩む議会
連載第13回 会議規則の整備①
連載第14回 会議規則の整備②
連載第15回 傍聴規則の整備

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3264-2520 受付時間9:30-17:00[土・日・祝日除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Web版「教養講座」新講座が始まりました!

Web版「教養講座」第一弾はコチラ!

議会だより無料クリニック!

中央文化社 facebookはこちら

  • facebook

販売書籍のご紹介

*月刊「地方議会人」は特定号の販売もしてます。詳しくは弊社までお問い合わせください。
PAGETOP
Copyright © 株式会社中央文化社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.