今月号は「ゴミの減量化とリサイクルの実践ー循環型社会の形成ー」を特集しています。近年、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を形成することを目指した社会的な取組が活発化しています。「循環型社会」実現に向けて、循環資源について①発生抑制、②再使用、③再生利用、④熱回収、⑤適正処分の順に行われるべきとの基本原則を法定化した「循環型社会形成推進基本法」についての解説、また実際の現地での取組(京都京都市、徳島県上勝町)も交えながら、詳しく解説していきます。

 

→月刊「地方議会人」ご購読のお申し込みはこちら

5月号特集:ゴミの減量化とリサイクルの実践ー循環型社会の形成ー

巻頭言  保母武彦(島根大学名誉教授)

自治体ゴミ政策が未来を拓く

①特集

循環型社会の形成に向けた取組について

環境省環境再生・資源循環局総務課

循環型社会の関連データから見る今後の取り組みの方向性

橋本征二(立命館大学理工学部 教授)

ごみ減量~持続可能な社会を実現するために

服部美佐子(環境ジャーナリスト)

②現地報告

京都京都市

京都市におけるごみ減量の取組

新島智之(京都市役所環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課 廃棄物企画係長) 

徳島県上勝町

上勝町ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)宣言―2020年までに焼却・埋立処分をなくす取り組み―

菅翠(徳島県上勝町企画環境課)

③特別寄稿

ラグビーワールドカップ2019TM を通じた地域活性化について

足達雅英(公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会開催都市業務局) 

④時流観望

「令和」スタート 祝賀ムードで政権浮揚も=統一選終了、各党参院選に全力=

泉 宏(政治ジャーナリスト)

⑤連載

議会紹介Ver4

田口 一博(新潟県立大学准教授)

連載第33回 議員のなり手問題に取り組む=木祖村(長野県)議会=

新連載 教養講座「新地方公会計統一基準による地方公会計整備の審議活用」

鈴木豊氏(青山学院大学名誉教授/学校法人青山学院常任監事/公認会計士)

議員研修講座「議会と予算決算」

新川 達郎(同志社大学大学院 総合政策科学研究科 教授) 

連載第12回(最終回) 「これからの予算決算審議」

⑥市町村議会広報クリニック

芳野政明(エディター・広報アナリスト)

議会だよりもろやま(埼玉県毛呂山町議会)
やしお市議会だより(埼玉県八潮市議会)
喜多方市議会だより(福島県喜多方市議会)

⑦わがまち自慢

新潟県湯沢町

北海道夕張市

⑧連載・地方議員のための健康と暮らし

第11回 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは


磯貝進
(青梅市立総合病院呼吸器内科部長) 

→月刊「地方議会人」ご購読のお申し込みはこちら

→月刊「地方議会人」サンプル版の閲覧はこちら