NEW 新型コロナウイルスの感染終息は、まだ見えません。昨年12月に中国・武漢市で報告された原因不明の肺炎は、「COVID-19」(新型コロナウイルス感染症)と名付けられ、いまや世界中に拡散しています。日本でも3月下旬以降の感染者急増を受け、政府が全国を対象に「緊急事態宣言」を出して、感染拡大防止へ向けて外出自粛などの徹底を国民に呼びかけました。私たちの生活様式まで変化させてしまった新型コロナウイルスについて、今月号では地方議会・自治体の対応、また現地議会の実際の動きについて解説していきます。

  →月刊「地方議会人」ご購読のお申し込みはこちら

10月号特集:新型コロナウイルスと地方議会

巻頭言  江藤俊昭(山梨学院大学法学部 教授)

新型コロナウイルス拡大に議会・議員はどのように対応するか

① 特集

新型コロナウイルス感染症対策 ―これからの自治体に期待するー

岡部信彦(川崎市健康安全研究所 所長/新型コロナウイルス感染症対策分科会委員) 

試された危機管理と機動力―コロナ禍に揺れ、向き合った地方議会―

人羅 格(毎日新聞 論説委員) 

異なる執政制度から見るコロナ対応

辻 陽(近畿大学法学部 教授) 

新型コロナ対策から考える国の役割・自治体の仕事

今井 照(公益財団地方自治総合研究所 主任研究員)

非常時から平時を問う―地方議会のコロナ対応・最新レポート―

長内紳悟(早稲田大学マニフェスト研究所 招聘研究員ローカル・マネージャー)  

② 現地報告

北海道七飯町

町議会議員が新型コロナウイルスに感染、非常時に直面した議会の対応   

妹尾洋兵(北海道七飯町議会事務局 議事係長) 

静岡県御殿場市

新型コロナウイルス対策を議会BCPに追記~経緯と今後の対応について

勝間田 幹也(御殿場市議会議員/御殿場市議会元議長/御殿場市議会改革特別委員会前委員長)

 時流観望

菅新政権「国民のために働く内閣」発足=総裁選圧勝、実務者並べ改革断行目指す=

泉 宏(政治ジャーナリスト)

④ 連載

教養講座 市町村議員のためのわかりやすい新地方公会計

一般社団法人 青山公会計公監査研究機構

第6回   財務報告を通じた行政・市民とのコミュニケーション

議員研修講座 まち・ひと・しごと創生法・第2期戦略 ー市町村議員のためのガイドブック

牧瀬 稔(関東学院大学法学部地域創生学科 准教授/社会情報大学院大学 特任教授) 

第5回 地方創生は地域経済の活性化を達成できるのか?

 ⑤ 市町村議会広報クリニック

吉村 潔(エディター・広報アナリスト)

おがわぎかい(埼玉県小川町議会)

りふ議会だより(宮城県利府町議会)

鯖江市議会報(福井県鯖江市議会)

⑥ わがまち自慢

沖縄県名護市
山口県周防大島町

→月刊「地方議会人」ご購読のお申し込みはこちら

→月刊「地方議会人」サンプル版の閲覧はこちら